ED 薬処方

テーマ〜 ED 治療薬 〜

まずはクリニックに行ってみよう!

ED治療薬処方時の確認事項

治療の第一歩として、専門のクリニックで診察を受けることから始めましょう。
日本には、約1800万人の ED 男性がいると推計されていますが、実際に診察を受けている方はその約5% なのだそうです。行かない理由として、「忙しくて」「恥ずかしくて」「女性の看護師さんに会いたくなくて」などの理由があげられます。

最近では、当院のような男性専門のクリニックも増えて、平日は夜遅くまで、そして土日も診療していることが多いので、まずはお近くのクリニックの HP を確かめてみてください。ED 治療を専門にした医院では、ドクターも薬剤師も受付スタッフも全員男性で、問診の時間も短くすぐ処方可能です。
ズボンを脱ぐなんてことはなく、行ってみると問診だけで案外あっさり治療薬を処方してくれるので、拍子抜けしちゃう人もいるくらいです!

問診が短いといっても、医師が直接、 ED 治療薬を使用しても問題ないかの確認や ED 治療薬の服用方法などの重要なことはしっかり説明してくれます。

ご病気などで常用している薬がある場合、必ず薬剤名が分かるようにして受診してください。


ED 治療薬の有効性

ED 治療薬の有効性は、80% 以上と非常に高く、多くの ED 男性の悩みを解決しています。この数字には、重度の疾患がある方も含まれておりますので、健康な方での有効率は、より高く95% 以上になるのではないかと推測されます。当院でも、60歳の方が、『勃起力は中学2年生の時に戻ったようだ!』と表現される方もいらっしゃるほどです。

薬をただ飲めばいいというものではなく、服用タイミングが非常に重要となります。ED 治療薬は完全な空腹時に服用しなければ、その効き目は一気に下がってしまいますので、注意が必要です。
服用タイミングは、問診時にしっかりと確認しましょう。

マンガで解説! ED 治療薬の服用タイミング
マンガで解説! ED 治療薬の服用タイミングについて詳しくはこちらをご覧ください。

ED 治療薬の安全性

『ED 治療薬って心臓に負担かけるから危ない』『麻薬と同じで一回飲んだら飲まないといられなくなっちゃう』『飲んだら1日勃起しっぱなし』などとインターネットで一部言っている人がいますが、まったく根拠がありません。
ED 治療薬は、体の血流を良くして、性器に血液が集まりやすくするだけのお薬!麻薬みたいに、脳に働くお薬ではないので、薬を飲まないといられなくなるなどの身体的依存性はありません。また薬が効いている間も、性的刺激がなければ普段通りです。

でも、薬が効いている間に性的刺激があると、効果が発揮されて、あなたもパートナーもびっくりするほどの効果です。

血流がよくなると、心臓に負担がかかると思う人もいるかもしれませんが、ED 治療薬を服用して普通の性行為をすることは、階段で1階〜3階まで早歩きで上がるのと同じ位の心臓への負荷なので、普段通勤などで満員電車に乗っているなどしている方では、問題ないでしょう。
心臓に持病があるなど、なにか心配なことがある人は、問診の時に当院医師に確認してみてくださいね。


ED 治療薬の作用機序

ED 治療薬は、勃起をサポートする飲むお薬です。正確には「PDE5 阻害薬」といいます。ここからは、少し難しい話になりますが、PDE5 阻害薬がどうやって働くのか説明します。

そもそも PDE5 とは、海綿体に多く存在する酵素で、平滑筋を弛緩させる情報伝達に関わる物質「サイクリック GMP」を分解する働きをもちます。この PDE5 が活発になりすぎると勃起機能には障害となるため、PDE5 阻害薬によりこの酵素を抑制し、海綿体内のサイクリック GMP 濃度を上昇させます。それによって平滑筋が弛緩して血行が良くなり、勃起を促します。そうすることによって、勃起のメカニズムを正常化させるのです。

ED治療薬働き方
ED 薬3剤の効果発現・作用時間・PDE 阻害作用の違い
ED 薬3剤の効果発現・作用時間・PDE 阻害作用の違いについて詳しくはこちらをご覧ください。

ED 治療薬の種類

日本で認可されている薬の主成分は、シルデナフィルクエン酸塩(バイアグラ)、バルデナフィル塩酸塩(レビトラ)、タダラフィル(シアリス)の3種類です。いずれも有効性は高く、重篤な副作用もないことが分かっています。
ただし、狭心症や心筋梗塞の治療などで硝酸薬や NO 供与薬を使用している場合は、服用出来ないこともありますので、常用薬がある場合や既往歴は必ず医師に申告し、問題ないか確認してもらいましょう。

主に使用できない人は・・・

  • 硝酸剤あるいはニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビドなどを投与中の方。
  • 重度の肝機能障害のある方。

などですが、他にも服用出来ない場合があります。詳しくは以下のページを参考にしてください。

なにか持病がある方や気になることがあればドクターに必ずご相談ください。しっかり説明を聞いて、正しく使用してくださいね。


ED 治療薬の紹介

バイアグラ®錠
世界で最初に開発されたED治療薬で、最も一般的ですね。
1998年にアメリカのファイザー社から発売され、日本では1999年にED治療薬として正式に認可された最も歴史のあるのがバイアグラです。
世界中で広く使用されているもので、レビトラ、シアリスと次々に新しい薬が開発され発売されてきましたが、認知度、利用者数ともにまだまだ不動の人気を誇っています。一番長く愛用されているED治療薬ですので、その実績は本物です。
そして、ついに日本国内にて2014年にバイアグラの特許が切れて各製薬会社から厚労省お墨付きのバイアグラジェネリックが登場しました。
効果の持続時間
5時間程度
可能性のある副作用
全身や顔の火照り・軽い頭痛・軽いめまい・動悸・目の充血・胸焼けなど
併用禁忌薬
硝酸剤全般(ニトログリセリン含有剤)と塩酸アミオダロン塩酸塩錠100mg[サワイ]=アンカロン錠、アミオダロン塩酸塩錠100mg[サンド]
レビトラ®錠
2003年にドイツのバイエル社から発売され2004年に正式に日本で認可されたED治療薬、それがレビトラです。
分子構造的にバイアグラよりも水に溶けやすくできているため「食事の影響を受けにくい」ことと「即効性がある」のが特徴です。
バイエル薬品のレビトラの説明書きには「標準的な食事による影響を受けないという報告がありますが、薬の効果を実感していただくためには、空腹時での服用をお奨めします」とあります。
この「標準的な食事」に対して【そうエネルギーに占める脂肪の割合が約30%】とあります。意味不明ですね・・・
少し解説させていただきます。一般男性の標準的食事は約700kcalとされています。つまり700kcal以内でその脂肪の割合が30%以内であれば大丈夫ということ。
わかり易く吉牛こと「すき家の牛丼」で考えてみます。
牛丼中盛の総エネルギーは 675kcal で脂肪が 20.6g 。
栄養学では脂肪 1g が 9kcal ですので牛丼並の脂肪は 20.6g × 9kcal = 185.4kcal
185.4kcal ÷ 675kcal = 0.275
よって脂肪の占める割合は 27.5% でギリギリセーフとなります。
しかし、牛丼を食した直後と空腹時にレビトラを服用した時の効果を比べると断然、空腹時の方が薬の効果を引き出せることは覚えておいて下さい。
効果の持続時間
10mgで5時間程度、20mgで7〜10時間程度
可能性のある副作用
バイアグラと同様。
ただし、20mgだとバイアグラより効き目がある分、副作用も若干強めでしょう。
併用禁忌薬
硝酸剤全般(ニトログリセリン含有剤)、抗ウイルス薬(HIV治療薬)、内服の抗真菌薬、抗不整脈薬
シアリス®錠
シアリスは2003年にアメリカのイーライリリー社から発売され、2007年に日本で認可された最新のED治療薬です。バイアグラやレビトラとは違う性質を持つ、新しいタイプのED治療薬といえるでしょう。持続時間が最大36時間と長いのが最大の特徴です。他にレビトラ同様、食事の影響が少ないのも特徴の一つです。
では、こちらもどの程度の食事であれば大丈夫か具体的に説明させていただきます。
メーカー発表では 800kcal までであれば大丈夫とされています。
ビッグマックが 556kcal 、吉野家の牛丼並が 669kcal 、大盛が 929kcal 、松屋の豚バラ焼肉定食が 898kcal 、長崎ちゃんぽんが 632kcal です。
目安にしてみて下さい。
こちらもレビトラ同様、食事を800kcalで抑えたとしても空腹時に服用した時の方が薬の効き目が得られることは確かです。
効果の持続時間
10mgで最大24時間、20mgで30〜36時間
可能性のある副作用
バイアグラ・レビトラと同様。
ただし、バイアグラ、レビトラよりも効果が多少マイルドなため副作用も弱めな傾向があります。
併用禁忌薬
硝酸剤全般(ニトログリセリン含有剤)