男性のための精の付く料理レシピ集牡蠣の八宝菜

浜松町第一クリニック竹越昭彦院長監修

えびやいかの代わりに牡蠣を合わせた八宝菜。野菜もたっぷり摂れ、一皿でバランスのよいおかずです。好みの具材、冷蔵庫の余り野菜などをプラスしても。ごはんにのせれば中華丼としていただけます。

準備時間 : 3 分
調理時間:15分
合計調理時間:18分
分量:2人分
作成:滝本 博之
公開日:2018 年 1 月 10 日

1人前:1皿
1人前のカロリー:278kcal
1人前の脂質:15.5 g
1人前のたんぱく質:15.1 g
1人前の炭水化物:17.2 g
1人前の塩分:2.6 g

材料

  • 牡蠣:8 個 (160 g)
    豚小間切れ肉:50 g
    白菜:1 枚 (100 g)
    ゆでたけのこ:40 g
    にんじん:30 g
    椎茸:2 個 (20 g)
    片栗粉:適量
  • 油:大さじ 1 と 1/2
    (A) 水:100 ml
    (A) オイスターソース:大さじ 1
    (A) 醤油:大さじ 1/2
    (A) 酒:大さじ 1
    片栗粉:小さじ 1
    ごま油:小さじ 1
  • 牡蠣:12 個 (240 g)
    豚小間切れ肉:75 g
    白菜:1 枚半 (150 g)
    ゆでたけのこ:60 g
    にんじん:45 g
    椎茸:3 個 (30 g)
    片栗粉:適量
  • 油:大さじ 2 と 1/4
    (A) 水:150 ml
    (A) オイスターソース:大さじ 1 と 1/2
    (A) 醤油:大さじ 3/4
    (A) 酒:大さじ 1 と 1/2
    片栗粉:小さじ 1 と 1/2
    ごま油:小さじ 1 と 1/2
  • 牡蠣:16 個 (320 g)
    豚小間切れ肉:100 g
    白菜:2 枚 (200 g)
    ゆでたけのこ:80 g
    にんじん:60 g
    椎茸:4 個 (40 g)
    片栗粉:適量
  • 油:大さじ 3
    (A) 水:200 ml
    (A) オイスターソース:大さじ 2
    (A) 醤油:大さじ 1
    (A) 酒:大さじ 2
    片栗粉:小さじ 2
    ごま油:小さじ 2
  • 牡蠣:20 個 (400 g)
    豚小間切れ肉:125 g
    白菜:2 枚半 (250 g)
    ゆでたけのこ:100 g
    にんじん:75 g
    椎茸:5 個 (50 g)
    片栗粉:適量
  • 油:大さじ 3 と 3/4
    (A) 水:250 ml
    (A) オイスターソース:大さじ 2 と 1/2
    (A) 醤油:大さじ 1 と 1/4
    (A) 酒:大さじ 2 と 1/2
    片栗粉:小さじ 2 と 1/2
    ごま油:小さじ 2 と 1/2

調理のポイント

  • 記載の材料の他、ヤングコーンやうずらの卵、さやえんどうなども合います。

作り方

下準備

  • 牡蠣は片栗粉を適量まぶしてやさしくもみ、水で洗い流して汚れを落とす。キッチンペーパーで水気をしっかり拭き取る。

1具材を切る

  • 白菜は一口大に、たけのこは薄切りに、にんじんは短冊切りに、椎茸は薄切りにする。牡蠣に片栗粉をまぶす。

2具材を炒める

  • フライパンの汚れをさっと拭き取り、残りの油を入れて、豚肉、1の野菜を順に入れて炒める。

3具材を炒める

  • フライパンの汚れをさっと拭き取り、残りの油を入れて、豚肉、1の野菜を順に入れて炒める。

4仕上げ

  • しんなりしてきたら牡蠣を戻し入れ、(A) を加えて 1 ~ 2 分煮る。片栗粉を倍量の水で溶き、とろみをつける。仕上げにごま油を回し入れる。


おすすめレシピ

アルギニン

のり巻きチキンのスティックから揚げ

亜鉛
ビタミンC

ローストビーフの野菜巻き

亜鉛
ビタミンE

ホタテのバジルフライ マスタードソース

ビタミンB1

鰯缶ときのこの炊き込みご飯


亜鉛 … 免疫力アップ、糖尿病予防、疲労解消

セレン … 精子の形成や老化・がん予防

マンガン … 骨の形成、糖質・脂質の代謝

ビタミンE … 抗酸化作用、血行促進効果

ビタミンB1 … 疲労回復、スタミナ増強

ビタミンB2 … スタミナ増強、過酸化物質を除去、アンチエイジング

ビタミンC … 免疫力を高める、抗酸化作用

アルギニン … 精子数や精子の運動率を上げる、子宮内膜を厚くする

アスパラギン酸 … 疲労回復や利尿作用

ムチン型糖タンパク … 疲労回復や滋養強壮

クエン酸 … 疲労回復、スタミナ・食欲増進